読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身貴族の一人語り

1986年生まれ。音楽が好きでベースを弾いたりバンドしたり。他にも車やバイク、魚や女の子が好き。多趣味な変態です。

お小遣いの管理

どうも、大槻です。

毎月給料が入ると、大きく分けて、貯金・固定費・お小遣い の三つに分けます。

固定費はほぼクレジットカードの引き落としにより支払われます。

貯金は出し入れがちょっと面倒な口座に入れます。

そしてお小遣いですが、毎月3〜4万円です。この範囲で外食したり、日用品や嗜好品を買ったりしています。

今までは財布の中に一万円札で入れていたので、ついつい使ってしまって月末に困ったりしたのですが、お小遣いの範囲内で収めるには一日千円以内で過ごす必要があるため、その日に千円札を一枚、財布の中に追加していく方法に変えました。

毎日節約すると、月末になる程お財布の中身が増えて行きます。

こちらの方法は、月初から財布の中身が少なく、贅沢出来ないので節約しようと一層思えるし、だんだんとお金が貯まっていく感覚があるので、楽しみながら節約できます。

 

接客業をしているのですが、タチの悪い客はお金に余裕がない人が多い気がします。

お金が無いという劣等感を店員にぶつけているのでしょうか。

いずれにせよ、お金に余裕があると、心にも余裕が生まれます。

小さいことは気にしない、器の大きい人間になりたいものです。

 

余談ですが、以前、信号機のない横断歩道で子供数人が待っていたので停車、後続車は追い越そうとするも空気を読んで停車。しかし、その後ろから猛スピードの白いポルシェが追い越していき、子供たちが事故にあいかけていたのを目の当たりにしているので、せかせか運転しているヤツは自損事故するか違反で捕まれと思っています。

 

 

そんな私が一番小さいヤツかもしれませんね(笑)

 

大槻エキゾチック

12月ですね・・・。

どうも、大槻です。

いよいよ12月ですね。

毎年年末になると 「あぁ、今年も何もしてないな・・・・。」と思ってしまいます。

特に何も結果を残さずに年齢だけ重ねていくのは嫌なもんです。

 

こないだベースのレッスンに行きましたが、私の質問がほぼジャズの理論なので、

これからはジャズの勉強をしていくことになりました。

先生曰く、理論は一年くらいで身に着くと思うけど、それが実践できるようになるには4年くらいはかかる との事。

頭で考えたことを瞬時に演奏して音を出すということは一朝一夕では出来ませんわな・・・。少なくとも私には。

なので、指板上のポジションが何の音なのかを完璧に把握する。

そしてコードを覚えて複数のポジションで身につける。

この二つを毎日練習して、セッションへ近づきたいと思います。

 

日々の積み重ねってほんと大事なんですよね。

まだまだこれからと思って精進したいと思います。

 

大槻エキゾチック

セッションをドタキャンされた

どうも大槻です。

25日は夜からギターでジャズをやりたいという40代男性とネットの掲示板で連絡を取り、スタジオで顔合わせして、枯葉とB♭ブルースのセッションを行うはずでした。

しかし、予定時間の50分前に 急遽行けない との連絡。もう呆れましたね。

ドタキャンの連絡を知った時には、遠方にあるスタジオを目指して、家を出て1時間以上経っていたので本当に時間の無駄だった。せめてちゃんとした理由を述べるべきだ。

結局スタジオには一人で入った。

スタッフさんが個人練習の値段に変えてくれたので助かったが・・・。

 

ネットの掲示板にはこういう無責任な人が多い。インターネットの匿名性故に責任感が薄いのだろう。問い合わせでも、合わないと感じたなら方向性が違うのでと断ればいいものを、連絡を辞めることで終わらせる。

しかし、バンドメンバーを集めるのに、何のコネもない人や、ライブハウスや楽器屋に通えない人にはネット掲示板はマストだ。多くの人が利用している。

日々書き込みがある。私も募集しているが全然メンバーは集まらない。

困ったもんです・・・。

バンドが出来ない。モチベーションが上がらない・・・。

こうやって音楽から離れていくのかもしれない。諦めてしまうのかもしれない。

 

 

はぁ、根気強く書き込むかな・・・。

 

大槻エキゾチック

島根に行った話

どうも、大槻です。

先日、島根県に独り旅に行って参りました。

写真をたくさん撮ったのですが、途中でいきなり初期化してくださいと表示され写真が消えてしまい・・・。PCに繋ぐまでわからない!!と思い、帰宅して繋げてみたのですが読み込むことができず・・・。

あぁ、神よ・・・。

むちゃくちゃ辛いです。もー、なんでこんなことに・・・。

写真がなくて申し訳ないのですが、ブログ書きます・・・。

 

まず、大きな目的地が島根県のあまり有名ではない温泉地、「海潮温泉」。

うしお と読みます。東出雲にある唯一の天然温泉らしいです。

高速道路代をケチったため、自宅から3時間かけて到着。道中は山を上ったり下ったり、濃霧の中をビビりながら運転。疲れました。

「海潮荘」という宿に目的の温泉があります。一応、温泉地ですが、他に宿は一軒あるだけのようです。周りには特に観光地らしいものはなく、温泉地の風情は皆無。

 

10時半頃に到着し、中に入ったけど受付に誰もいない・・・。少し古い温泉旅館という感じ。

外でパンの販売車のおじさんと話しているおばちゃんが受付の人っぽい・・・。

しばらく待っていると、やはりそのおばちゃんが謝りながら戻って来た。

「日帰り入浴できますか?」と聞くと、できますとのこと。

いきなり案内しようと歩き出すので、えっと・・・入浴料は・・・?となり、支払いをちゃんと済ませて後をついていく。ちなみに1000円ジャスト。

 

朝一で2〜3人しか入っていないらしく、眺めの良い方を男湯に変えてくれた。

脱衣所は割と広い。ロッカーはなく、棚にカゴが置いてあるだけ。タオルは積んであるので無料で使えるようだ。ドライヤーも無料。

露天風呂は素晴らしかった。無色透明が美しい。

写真を載せられないのが本当に残念。

お湯は天然温泉らしく硫黄の匂いがする。温度も好み。大小の岩が綺麗に並んでおり、岩陰でこっそり入浴もできる。

ちなみにこの時間に入浴しているのは私だけ。露天風呂を独占とはなんとも贅沢である。天気も良く、午前中に時間を気にせず温泉に入るのがこんなに気持ちの良いものとは思わなかった。運転の疲れもあったからかもしれない。ビールが飲めたらもっと良いのだが・・・。

 

しばらく温泉を楽しんで海潮荘を後にする。おばちゃんに挨拶しようと思ったけどどこにもいない(笑)こんな不用心で大丈夫なのだろうか・・・。

本当はもう一つ、行きたい絶景温泉があったのでが、時間の都合で断念。

 

後は「出雲大社」と「島根ワイナリー」、「ゴビウス」に行って帰宅。

出雲大社はやはり一級観光地という感じで良いですねぇー。大学時代に友人と行った以来なので9年ぶりくらい。ニュースでやってたスタバがありました。

島根ワイナリーは、無料試飲ワインがぶ飲みおばさんとか居ました。

平日なのにたくさんのお客さんがいましたね。

 

「ゴビウス」は宍道湖や中海に生息する水生生物の展示をしている小さい水族館です。

島根には「しまね海洋館アクアス」という中四国最大の水族館がありますが、これが自宅から遠いんです・・・。水族館が大好きな私ですが、アクアスがメインの目的地でないとさすがに足が向きません。

ゴビウスはまだ近いし、入館料が500円と格安。淡水魚LOVEなので最高です。

ベラの特別展をやっていて、カラフルなベラが展示されていました。

あー、また熱帯魚飼いたい・・・。グッピー飼いたい・・・。

子供が遊べるタッチプールや、外には広場がありますのでお子さん連れにもオススメです。展示も子供向けにクイズなど工夫されています。

青いカエルもいます。昔、探偵ナイトスクープで放送されていたヤツです。

 

旅行って良いですね。独り旅も好きですが、やはり彼女や友人と行きたいですね。

一人で旅館とかちょっとしんどいし・・・。

しかし、友人たちは結婚してなかなか融通が利かず、彼女もいないので独り旅しか・・・。

 

あ、出雲大社で良いバンドメンバーと可愛い彼女に出会えますようにってお祈りしたけど欲張り過ぎかな。100円のお賽銭じゃぁ無理かな〜〜・・・。

 

大槻エキゾチック

 

 

 

 

 

飛田新地の話

どうも、大槻です。

ネタがないので前回に続いて、初めて飛田新地で遊んだ話をしたいと思います。

 

季節は6月、残念なことに雨が降っていました。

地下鉄御堂筋線に乗り、動物園前で下車。

少し迷いながらも飛田新地の看板を発見。ワクワクドキドキしながら進んでいくと

居ました。明るい部屋にちょこんと座る女の子と呼び込みのおばちゃん。

若い子の多い通りを進むと本当に目移りしてしまうくらい可愛い子が多い。

ほとんどが何かしらのコスプレをしているか、露出の多い服を着ています。

中には呼び込みのおばちゃんがいないけど座ってる太めの女の子が居ました。

うーん、需要は低そうだと思いながらスルー。

ちょっと興奮しすぎてしまったので、一旦離脱し頭を冷やします。

本当にパラダイスです。どの子にしよう・・・。

歩いていると左右のおばちゃんから声をかけられるのですが、私はだいたい「もうちょっと待ってー」と返しながら歩くのですが、無視する殿方も多いよう。

 

あまり良くないようなのですが、女の子の方からも声をかけてくることもあり、同じように返答すると「なんでよー、あそぼうやー」と言われてちょっとモテた気分になります(笑)

悩みに悩んで決めた子は巫女のコスプレをした女の子。巫女、良いですよねぇ・・・。

料金を確認して二階に上がります。

ここで私は照明の魔法があるということに気づきます。肌の質感違うやん・・・。

 

一応、料亭ということもあって、赤い絨毯が敷いてあったり、木彫りの置物があったり、なんか落ち着きます。

部屋は6畳くらいの部屋。これは松島も一緒ですね。照明は店によりけり。薄暗い感じの暖かい光だったり、エロいピンクだったりします。

今回はアジアンなフロアランプが置いてあり、落ち着く部屋でした。

雨で濡れていたのでタオルでバッグを拭いてくれたり、よく気の利く女の子でした。

 

ティッシュケースには可愛らしい字で女の子の名前が書いてあり、渡してくれた料金表も手書きで可愛かったです。

選んでくれてありがとうと言われちょっと照れながらも、出してくれたジュースを飲みながら少し雑談をしました。

「準備してくるから服を脱いどいてね」と言われましたが、全裸待機は抵抗があったので、上半身だけ脱いで待ってました。

お待たせと現れた女の子は、はだけた巫女のコスプレからおっぱいがチラ見え。

Bカップといったところ。派手な刺青が胸にありました。

盗撮防止でしょう、バッグには布がかけられました。

そして私もパンツを脱いで横になり、サービス開始。

ウェットテッシュで拭いてからゴムを装着しフェラが始まります。

その後、「挿れますか?」となり「私が下でいいですか?」というコトで正常位でGO! 

明らかに演技の喘ぎ方ですが、沈黙よりは全然いいです(笑)

しばらく頑張ってピストンしていたのですが、なかなかイケず。

ちょんの間は畳に敷布団一枚なので、ベッドのスプリングの反動を利用している私にはしんどい・・・。時間も無いので手で抜いて貰いました。なぜか手でしてる間も喘ぎ声は続いていました(笑)これもサービス精神の賜物でしょうか。

事後も話をしながら服を着る。帰りにペコちゃんの飴を貰いました。

女の子とおばちゃんに見送られながら歩き出します。

この飴を咥えながら歩くと、すでに一発抜きました というサインになるのでおばちゃんから声をかけられません。

いやいや、もう一発!という方は二回目が終わってから食べてください(笑)

 

初めての飛田は一般的な20分16000円で入りましたが、私には早かったです。

30分は21000円となりますが、こっちの方が私には合います。

飛田はシャワーがないので、できれば直前にシャワーを浴びるのをお勧めします。

ただ近くに安い銭湯とかはなさそうなので、ホテルを出る前か、高いけどスパワールド

を使うか。

飛田新地の近くは通天閣や新世界などの有名なスポットがあるので、私も次回は新世界で串カツを食べてから飛田新地を歩きたいと思っています。

 

検索してこのブログを見ていただいた方、ありがとうございます。

迷ってるなら行きましょう!新地へ!!本当に最高な所です!!

 

大槻エキゾチック

 

 

松島新地の話

こんばんは、大槻です。

ネタがないので、昨年松島新地で遊んだ事を書こうと思います。

 

松島新地は大阪にある遊郭です。

一応料亭で、仲居さんと自由恋愛が出来る処です。

もっとも有名なのは飛田新地だと思います。

飛田でも遊んだことがありますが、どちらも一長一短があり、どちらが良いとは一概には言えないです。

個人的には松島新地が好きです。

 

ではなぜ私が松島が好きなのかというと

・料金が飛田に比べて安い

・シャワーが大体ある

・梅田から近い

などでしょうか。飛田はシャワーを浴びずにウェットティッシュで拭いてゴムフェラからの、が一般的です。女の子は着衣のまま(下着は脱いでいて、服ははだけている)が多く、あまり全裸を拝むことができません。

松島はシャワーを一緒に浴びることができるため女の子の裸を拝むことができます。

 

短所は

・料亭の数がちょっと少ない

・女の子の容姿レベルはやはり飛田が上

 

くらいでしょうか。

もちろん松島にも可愛い子はいます。

女の子に当たっている照明が飛田の場合はかなり強いので、実際よりも肌が綺麗に見えます。

松島も照明を当てていますが、飛田ほどではありません。

顔が変わるなんてことはありませんが、照明から外れると厚化粧だったりするので要注意です。デリヘル、ソープみたいなパネマジではなくライトマジックなんです。

 

私が遊んだ女の子は、ぐるぐると歩き回って選んだ末おっぱいの大きさで選んだのですが、服を脱いだらお腹もたるんでいて、おっぱいも垂れ気味でした。多分、出産経験のある女の子だったのかなと。肌は白くてすべすべだったのですが。

あ、一周して良い子がいなかったらこの子にしようとか考えてると他の人に入られてしまいました。可愛いと思ったらすぐに入らないと後悔することもよくあります。

選んだ子は愛想が良くて、よく喋る大阪の女って感じでした。しかし、体型がアレだったので、正直萎えてしまいました。騎乗位と正常位でなんとかフィニッシュし、料亭を出たのですが、駅まで歩いていると大沢あかね似の女の子と目が合って、この子にしとけば良かったと激しく後悔しましたね(笑)

今でもたまに思い出します。もういないだろうな・・・。

 

とにかく飛田、松島新地はとっても面白いところです。雰囲気が大好きで、何度も足を運びたくなります。料亭の前を普通に小学生が歩いて下校してたり。住人の日常のすぐそばに、来訪者からすれば非日常が背中合わせなんですね。飛田の近くはあいりん地区という日雇いの労働者がたくさん住んでいる地域で、こちらも興味深い地域です。危険な場所もあるようなので、しっかり事前に下調べをして行かれることをお勧めします。写真も明らさまに撮ってると絡まれるかもしれません。

あぁ、また大阪行きたいなぁ・・・。

 

大槻エキゾチック

 

 

作曲少女を読み終えて

作曲少女を読み終えました。

ほぼ理論の話はなかったです。著者は作曲の方法や過程よりも、閃きや、イメージを表現することを大事にしているように感じました。

印象的だったのが『努力は夢中に勝てない』でした。

なんかドキッとしました。

自分はなぜ音楽をしているのだろうと考えた時、音楽を辞めると自分の武器がなくなるから音楽をしているのだろうと思いました。

もちろん音楽が好きなのですが、ベースを弾かない自分には何の特技もないなと。

ベースを弾くというのがアイデンティティなんでしょうね。

それに消費ばかりしていく人生が嫌なんです。

 

何かを創りたい 産みだしたい

 

そう願っているんですよね。

 

私が音楽に夢中になっていたのはベースを始めてすぐだったでしょうか。

毎日3時間くらい練習して。勉強はしてなかったなぁ・・・。

あの頃はラルクが大好きすぎてずっとコピーしてました。

なぜ練習していたかと問われると理由が思いつきません。

ただただ好きだったんでしょうね。

 

映画スウィングガールズでは合奏出来るようになったばかりの楽しさがよく表れています。

吹奏楽部で一番楽しい練習はきっと合奏です。

バンドやっててもみんなで合わせるのが楽しい。

私は、自分が出した音が周りと協調して、音楽になることで自分の存在意義を感じます。

必要とされている気がするんですよね。安心するというか。

きっとそれも私が音楽をする理由の一つでしょうね。

 

好きこそものの上手なれ

これに尽きるのかもしれません。努力を努力と感じない。

楽しければ続けられる、次を求める。

 

作曲をしようとソフトを買ったり本を買ったり。

まぁ私もこのブログを打ってるiMacを買いましたが(笑)

作曲は多くの人が挫折します。私もあまり進んでいません。

多分、楽しいと思うところまで到達出来ていないんじゃないかと。

好きならどんどん作業できますから、たくさん曲も生まれるし、アイデアも思いつきやすいでしょう。

 

最初は地味な練習だったり、思うように出来なかったりで悔しい思いをしたり、

自分には才能がないとか思い込んでしまい、遠ざかってしまう。

地味な練習も、先を見れば通過点に過ぎず、ここを超えれば楽しい合奏が待っている!

とか考えれば楽しんで出来るのかもしれません。

 

壁にぶち当たっている方は、隠れている『楽しい』や先にある『楽しい』を見つけようとするところから始めると上手くいくかもしれませんね。

作曲も人生も。

すみません、テキトーなこと言いました(笑)

 

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]

スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]

 

 

 

大槻エキゾチック