読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独身貴族の一人語り

1986年生まれ。音楽が好きでベースを弾いたりバンドしたり。他にも車やバイク、魚や女の子が好き。多趣味な変態です。

夜は短し歩けよ乙女

映画を観てきました。

夜は短し歩けよ乙女。四畳半神話体系が大好きでしたので、期待して観に行きました。

しかし、残念ながら期待していたほどではありませんでした。

うーん、これは完全に好みですが、主人公の声が星野源というのがねぇ・・・。

トーリーも何だか薄っぺらく感じる・・・。

トーリーが進行していく中で、主人公の心理的な変化を描いてないように感じました。黒髪の乙女も同じです。

花澤香菜さんはとても良かったと思います。

 

やっぱり四畳半神話体系が良すぎたのかなぁ・・・。

LIFE IS ・・・。

人生ってそんなに美しいものだろうか?

生きるということは言うほど素晴らしいものだろうか?

学校やメディアは辛くても生きることを押し付けてくる。生きることを美化し、無責任に押し付けてくる。

私は生きることはそんなに美しいものとは思えない。

死んだ動物の肉を喰らい、クソをして、肉体的快感を求め、自分より恵まれた者を妬み、自分より憐れな者を見下し優越感に浸り、他人の不幸を喜び、また眠る。

もちろん人間の良心がないとは言わない。ただあまりにも無責任に美化している気がするのだ。

生きるのが辛くても死んではいけないと言う。

死の向こうに何があるかも知らないのに。

もしかしたら、生きている世界よりもずっとずっと楽しい「何か」があるかもしれないのに・・・。

思いつくまま立ち上げた

新しい年度に入り、新しいことをしたいと思い、サークルを作りました。

まだまだメンバー募集中ですが、もしかしたら自分と同じ理由で悩んでいる人が居るかもしれないと思ったからです。何人か参加希望者が現れて嬉しいです。

このサークル活動を通じて、仲間や経験を得られたらと思っています。

人脈って大事。

何事もやってみてから、ですな。

やらずに想像であーだこーだ言うのは簡単だから。

 

 

レベルデザイン

ゲームを作る際、難易度の設定などのことをレベルデザインというらしいです。

最後までゲームを遊ばせるためにとても重要な要素です。

音楽、バンドにおいても同じようなことが言えるかと思います。

 

簡単だけどつまらない 難しすぎて面白くない 

 

簡単なのに面白い   難しいのに楽しい

 

この場合は後者の方が長続きするのは間違いないと思います。

どのような目標にするか、どんな曲を取り組んでいくのかという事が重要です。

 

ふと思ったので書いてみました。

 

ジャムセッション

ついにジャムセッションデビューを果たしました。

というに、レッスン終わりに 勉強に聴くだけにつもりが、やりましょうと言われ、まぁここ大恥かいとくか と思い参加しました。

しかしウッドベースを始めて1ヶ月、まともに弾ける曲なんて無い。

少し練習した「いつか王子様が」をリクエストした。

緊張で手足が震え、自分の楽器ではないのも余計に不安にさせる。

演奏が始まり、テーマは乗り切った。しかし各自のソロでグダグダになり、ロストしてしまったり、ドラムの4バースで弾いてしまったり散々な結果だった。

恥をかくのはわかっていた。

 

そして終盤にもう一回、私に回って来た。既に演奏されていたが、「枯葉」をリクエスト。

2回目はだいぶ落ち着いている。手足の震えもない。

曲の進行をホストにしっかり確認したので4バースも問題ない。ロストする事なく弾き終えた。

演奏してくれた先輩方に感謝したい。

私が1番歳下も30歳だった。

やはりジャズは若い人はあまりしないようだ。

 

もっと練習してから参加するつもりだったジャムセッションだが、思いがけず経験してしまった。

しかし参加して本当に良かったと思う。ジャズ仲間が出来たのだ。

一緒にバンドを組むかもしれない。人生の先輩とも知り合えた。

とてもいい経験になった。

勇気を持って一歩を踏み出したのだ。

0が1になったのだ。

大人になってからの勉強

大人になってから、というか社会人になってからか。特に20代後半から何か新しいスキルを身に付けたいと思うようになった。

転職しようとしていて、何か資格があれば有利だろうという考えからだった。

しかし転職で使えそうな資格は一朝一夕では取得できない。

社労士を取ろうと勉強したが結局挫折してしまった。

合格してもそれで安泰というわけにはいかない。

社労士は年々増えているのだから。

 

私には、この先の日本に明るいビジョンを思い描くことができない。

特に年金問題。もう貰えないと諦めてしまおうか。

 

今は長男ゆえ、両親と実家に住んでいる。そのためお金の貯まりは早い。

正社員でボーナスもあるが、昇給額は少なく、金銭的な自信はあまりない。

欲しいものもそれなりに買えているが、給料がほとんど上がらないのは辛い。

正直、結婚は難しそうだ。一生独身かなとも思っている。

いつか日本から脱出を迫られるかもしれない。そんな時の為に英語を勉強しようと決めた。海外旅行にも行きたいし。

こんなクソ田舎で生まれ育ち、井の中の蛙で一生を終えるのはごめんだ。

TOEICも定期的に受験して、35歳までに海外旅行に一人で行くのが目標だ。

もうすぐ31歳、やってやれないことはない。もしかしたら遅めの転職が出来るかもしれない(笑)

まずは中学英語から。

合わない人

8ヶ月ほど前に今の職場に異動したのですが、合わない人が居ます。

30代後半に入った独身女性なのですが、いちいち自分と違う事をしてたらそれは違うと言ってくる。特に限定されたルールもないのに、何かにつけて決まりで縛ろうとする。それも自分基準の決まり事。相手も自分とは合わないと思ってるハズなので言い方も高圧的。

 

エグザイルやバンドが好きで、毎月有給をとってライブに行っているようです。

まぁ人それぞれの価値観がありますから、好きにしたら良いんですけどね。

そりゃ結婚出来んわなと。やりたい事あるし、お金も自由に使いたいという理由で結婚しないって言ってましたが。やりたい事ってどうせライブに行くとかだろ?って思ったり。それが結婚したら全く出来なくなるわけじゃないだろう?と思ったり。

サバサバしてる、と言えば聞こえは良いですが、もっとキツイです。

 

もう愚痴りまくりで最低なのですが、本当に合わないです。

そのうち異動になるのでそれまでの我慢ですなー。

ま、どこに行っても合わない人は居るわけで。おおらかに受け入れたいものです。